徒然なるままに、ひぐらし、ゴーヤに向かいて、心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくるブログ。

月別【201302

12 04 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェードイーン、フェードイィーン。


シンさん「邪魔。」
ゴーヤさん「どかないにゃ。」

新しいフード。


胃腸がデリケートな猫用を買いました。
4kgあるとはいえ12月齢以下なので、給与目安より少な目にあげることにします。
さきほど、少しだけ与えてみました。


ゴーヤさん「うまいにゃ!!」


だそうです。
食べてみましたが、確かにクセが少なくて後味も悪くなかったです。
でも、何味?って感じです、多分チキンかなぁ?
一番美味しいのはキャラットですね、粉っぽくないから味がわかりやすいので。




※マオさんはフードを買う度に味見をする人です。(笑)

友達(魔王)が遊びにきたよ!


飼い猫三匹付きです。
全員捨て猫だったのを、保護してここまで育ててくれた魔王さん。
ついでの用事があったので、


魔王さん「トリマー代ないからみんなくさくって。」
マオさん「連れてきたらシャンプーするよ?」


と約束していたので、三匹わしゃわしゃしました。

その結果、火燐さんは野生返りしてしまいました。(泣)
ウーウー連発、ママの魔王さんにまで噛みつく始末です。
警戒レベル3~4くらいになってしまいました。
(警戒レベルについてはねこのて様へ)


マオさん「…ごめん。」
魔王さん「いいよいいよー。いつものこと!」


ちなみにその間、ゴーヤさんはすねりんこ。
内弁慶なので、


月火さん「こんにちは。」
ゴーヤさん「だ、誰じゃ誰じゃ!御主の様な者の侵入を許した覚え、拙者にはないぞ!!」


ブッハブッハと威嚇しながら、攻撃的撤退してました。(笑)

去年の10月末のゴーヤさん。


若き日のゴーヤさん「この人間はしつこく僕を追い回してうざいにゃ。」


って顔。
今や、マオさんがトイレに入ると、大鳴きして扉の前で待っています。
(近すぎて何回か扉をぶつけました。)

あまあま。


押さえ込んでるように見えますが、実はゴーヤさんを支えているだけ。
支えてないとずり落ちちゃうのです。

ゴーヤさん「ママトベルトだにゃ。」

ゴーヤさん「外!外!外出せー!」マオさん「こらっ、危なっ…ヌワー!」


ぺちょ。


ゴーヤさん「なんだか頭がちべたいような?」
マオさん「あいやー…。」
ミルさん「ちょっ(笑)」

※オカルト話。


AM4:30、布団に入ってたゴーヤさんが、いきなり起き上がりました。


マオさん「どしたの。」
ゴーヤさん「…。」


制止するマオさんの手をすり抜けて、ベッドを降りたゴーヤさん。
ベッドから数歩離れ、座り込んだのです。
ジ~ッと、出入り口を見て。


マオさん「…なんか、いるの?」


つられてそっちを見ると、視力悪くて背景は完全にピンとが合ってないのにも関わらず、ハッキリと一部だけフィルターがかかったみたいに暗く見えました。


マオさん「…ご、ぉ、ヤさん…!」


ゴーヤさんは、振り向きも返事もしませんでした。
出入り口から、すぐ横の窓へ視線は動いて、やっとこっちを向きました。



マオさん「…ゴーヤ?」
ゴーヤさん「…ぅわぁん?」


窓を見ていた顔は険しかったんですけど、こっち向いた時にはおねむな顔してました。

∧ ∧
(-ω-`)<…ぅわぁん?)
( ≡)~

↑こんな感じに。(笑)

で、実はマオさんとユエさんは【みえる】人。
特にユエさんは昔、 霊障(悪)にあったことがあるくらい強かったそうです。
マオさんは運がいいのか、善いのからならありました。(動物の類いはよく引き寄せてました。)
今は二人共弱まって、気配を感じたりするのが精一杯。(強すぎるモノはみえるし、集中すればくじ当てたりくらいはまだ出来ますが。)
今回のはユエさんにも感じれたみたいです。


マオさん「なんか居たって。」
ユエさん「ゴーヤ君が追い払ったから大丈夫。」
マオさん「うん。(´・ω・`)」
ユエさん「怖いなら電器点けなよ。」


マオさん、みえるけどビビリーズオブチャンプなんですハイ。
某三番さんとは仲良くなれそうなレベルです。(笑)
ここでゴーヤさんはベッド飛び乗り、布団の上でマルマジロになった。


マオさん「今はなんもいないの?」
ゴーヤさん「ぃひまぁあぁ~。」


「今」?と言いそうになったようで、アクビで誤魔化されてしまった。

今日も元気に。


食べる為に一苦労してもらってます。

ふゆしょうぐん の ふいうち ! ▽


首~尻尾の付け根撫でる。

耳を触る。

ふゆしょうぐんのふいうち。

首~尻尾の付け根撫でる。

耳を触る。

ふゆしょうぐんのふいうち。

首~尻尾の付け根撫でる。

耳を触る。

ふゆしょうぐんのふいうち。

ゴーヤさん「う~ん…。」(困ってる。)



面白くてずっとやっていたら、10分くらい経ってた。
冬将軍の不意打ち=パチッ。

寝坊助さん。


いつも、ゴーヤさんがアクビしたら指を差し込むマオさん。
そしていつもペッされる。
今日は寝ぼけてたのか、くわえたままになった。(笑)

もさもさもさ


ゴーヤさん「!?」


白いもさ毛を弄ってたら起こしちゃいました。




今日、初めてゴーヤさんに怒られました。
「うにゃにゃ!」とかでなく、「マアァオォ!!」のレベルで。
ゴーヤさんの袋を、「たまたまちんちん~たまたまちんちん~。」と言いながらモニュモニュしてたら、「にゃあぁア゛ァアアァ゛!!!」と、フェードインしながら。(笑)
ごめんねゴーヤさん、マオさん笑っちゃった。

もっふん。


マオさん「ちょっと、上着返しなさいよ。」
ゴーヤさん「だが断る。」もふーん


置いといたら、つくねて寝ちゃうんです。

おかえりなさい



じゃあ僕は寝るニャ

立ったぁ!ゴーヤが立ったあ!


皿の中身は、安さのあまり購入したら脂っこすぎて食べれなかった鮪の切り身。(もちろん食べ過ぎないように監視中。)
ゴーヤさん的には「うんみゃあ!」なようです。




関係ないですが、タイトルの元ネタって本来は「○○が…っ、○○が、立ってる…!うわあぁーん!」のはず。
どうして「立ったあ~。」で使われるんでしょう?

撮影会終了。


ゴーヤさん「えらい目にあったにゃ…。」


落ち着きなく動き回るゴーヤさんを、さすがプロ、うまぁく撮って下さいました。
同席したマオさん、ミルさんは必死にゴーヤさんを説得してました。(笑)
3月3日にデータCDがきます。楽しみです。

ペット撮影会へ。


予約してたので行ってきます。
相変わらずヒゲはバランス悪いけど気にしない。(笑)

(実はちょっと前に、右側のヒゲだけくりんくりんに焦げたので切り揃えたのだった。)

ゴーヤさん「まぐろぷまい。」


いい顔してはります。



リンクに「ねこのてにいはま」様のURLを繋ぎました。
ちょっとさかのぼると、ゴーヤの里親募集の記事も見れますよ~。
たぬき県内で里親募集してる姉妹もいるので、よろしければ行ってみて下さい。
Mさん、相互リンク、ありがとうございます。

ユエさん「…野生の顔だ。」


ゴーヤさん「ふんぬうぅぅ!!」


ガブガブケリケリ!!


マオさん「いいぞ!もっと野生を取り戻すんだ!」




結果。
【ただの布きれ】では【石のキバ】を防ぎきれず、腕がみみず腫だらけに。

家猫の末路。


だらしなさ過ぎて、溜め息しか出ません。(笑)
撮られてますよ、ゴーヤさん。

蝶の様に舞い!蜂の様に?刺す!


シュバッ!!

お手軽トリートボックス。


空いた箱ティッシュに、ゴーヤさんのおやつを入れます。
すると、それを取り出そうと必死になってアタックします。(時々ひっくり返るくらい必死になる。)
鼻先突っ込んでも届かないようで、前足で掻き出そうと、箱と一緒になって部屋中動き回ってます。(笑)

ちなみにトリートボールも買いましたが、おやつが見えにくいせいか「?」でした。orz

ゴーヤさん?


バァバ、締め切りをおもいっきり伸ばして貰っててね、その、邪魔なんだけど。
(((^_^;)

『夜にバァバのお膝、久しぶりにゃ』

う~ん。
(((^_^;)

ある日帰宅すると。

めろん(先代猫、一時保護でしたが。)のお骨に悪戯しており、もう少しで箱が落ちそうになっていました。
直してくれたのはユエさん、叱ったのもユエさん。

ユエさん「こらーゴーヤー!」
マオさん「え、なした?」
ユエさん「ゴーヤ君が、めろんお姉ちゃんのお骨に悪戯を…。」
マオさん「えっ!」

その声に、三段ボックスの下に逃げ込むゴーヤさん。

gomennya1
ゴーヤさん「ご、ごめんなちゃい…。」






ユエさん「めろんお姉ちゃんには?」







gomennya1
ゴーヤさん「お姉ちゃんもごめんなちゃい。」








gomennya1
ゴーヤさん「もういーい?」





反省の色がやや薄い、ゴーヤさんでした。

H公園なう


散歩です。

かわいい寝顔しやがって。


もふったらうなされてました。(笑)

ぺちゃぺちゃぺちゃ。


ミルクを飲むゴーヤさん。
牛乳を飲ます訳にはいかないので、少し前に一袋買ってみたのです。
時々与えてますが、たいそう気に入ったようで、出すと飛んできます。

よい子はシートベルトをしましょう。


ゴーヤさんを病院へ連れて行きます。
シートベルトを嫌がらないのがしんどい証拠。

漬け物石のよう


うつ伏せで寝るマオさんの足の間に布団の上から乗っかるゴーヤさん。
邪魔です。

隙間からゴーヤさん。


そんなはじっこで寝なくても。

にまっ


笑ってる。(笑)

プロフィール

猫星マオ

Author:猫星マオ
猫飼い初心者がベンガル混じりのいなせなヤツの何でもない日常を本猫の許可なく曝していくブログ。
撮影機器はWのスマフォ・キノコの携帯・安かったデジカメ二台、機材により解像度やなんやらがバラバラ。

・住人
ゴーヤさん(オス?)
2012年4月14日生まれ(という設定)
「ねこのて」様から生涯契約で派遣された雑種のキジトラ。
4月生まれということだけわかっていたので、ママ(マオさん)とパパ(ユエさん)のお付き合い記念日が誕生日となる。
お腹が弱いくせに食い意地が張っており、よくなまら臭いモノを生み出してくれる。

マオさん(男っぽい女)
19○3年4月17日生まれ
ゴーヤさんのママ。
アニメとゲームとゲーセンと大泉さんが好きなダメ人間。
一生どうでsh…ゴーヤ症します!

ユエさん(女っぽい男)
19○2年8月3日生まれ
ゴーヤさんのパパ、マオさんの恋人。
ロボアニメとカードゲームと神姫とonちゃん(とその中身)が好きなおチビさん。

ミルさん(おかん)
19○7年3月18日生まれ
ゴーヤのばぁば、マオさんの母。
超音速飛行の彼が好き。
ゴーヤさんの給仕係と化している。

シンさん(男)
19○5年7月27日生まれ
ゴーヤのにぃに、マオさんの弟。
イレギュラーな動きをするゴーヤにびびりんぐ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。